事業紹介

訪問・障害介護

訪問介護・予防訪問介護 介護認定を受けた方

訪問介護

予防介護

訪問介護員(ヘルパー)がお宅を訪問して、心身機能の維持・回復をはかり、住み慣れた我が家で穏やかにお過ごしいただくことを目的としています。

【訪問介護】要介護1~要介護5
ケアマネジャーの「居宅介護計画に基づいてケアを行います。

  1. 身体介護(食事介助 排せつ介助 入浴介助、移乗介助)
  2. 生活援助(掃除 洗濯 調理や食事の準備 買い物など)
【予防訪問介護】要支援1 要支援2
ケアマネジャーの「予防計画」に基づいて利用者の方と共に調理、掃除などを声掛け、見守りしながら行います。

障がい福祉サービス(障がい児、者の手帳をお持ちの方)

■障害福祉サービスの流れ

  1. 市役所福祉総務課に相談、申請(受給者証の発行)
  2. 事業所と契約…利用者と契約(受給者証の確認)
【居宅介護】
  1. 身体介護→ご自宅に訪問し、食事 排泄 入浴 移乗等の介助をします。
    通院介助をします。
  2. 家事援助→ご自宅に訪問し、調理 洗濯 買い物 掃除等の援助を行います。
【重度訪問介護】
重度の障がいで日常生活全般において介助が必要な方に、身体介護、家事援助、見守り、外出支援等の支援を行います。

【同行援護】
視覚障害により、移動が困難な方に外出や外出先にて移動の支援を行います。

お問い合わせ先

西三河在宅介護センター 訪問部門
TEL 0566-78-0587

事業紹介